東京都杉並区堀ノ内2-27-1
TEL:03-6383-1849
※お問合わせの際は090-4715-9458にご連絡下さい

個人のお客様へ

  • TOP
  • 個人のお客様へ

塗装の種類

一口に塗装といっても、様々な種類がございます。 また、塗料の種類をとても大まかに分類すると4種類に分けることができます。 これは塗料の主成分となる樹脂の種類によっての分類で、具体的には以下のとおりです。

  • アクリル(6年~7年)
  • ウレタン(8年~10年)
  • シリコン(12年~15年)
  • フッソ(15年~20年)

※()内は塗り替え時期の目安です。

塗り替え時期が長いほど、塗料のグレードは上がり、価格も高くなります。 つまり、基本的にはアクリル系樹脂塗料がいちばん安価で、フッソ樹脂系の塗料が高価になるわけです。

塗装の種類

塗料の種類も数多く存在します

上記の4系統各々にも溶剤タイプと水性タイプがあったり
(それぞれのタイプにもまた弱・強の違いがある)
形成される塗膜の硬さに弾性・硬性があったり、
同じ弾性でも3回塗りの組み合わせによって微弾性~高弾性と種類は様々です。
なかには厚塗り専用の弾性塗料まであります。
これに加え、遮熱性、低汚染性、透湿性、防藻性、防カビ性、断熱性といったものが
ついてきますので、外壁塗料の種類はかなり多いのです。

同じシリコン系でも1缶1万円を下回るものから3万円以上のものまで様々ありますので、
シリコンだからウレタンより高いと一概には言えません。

塗料の選択

塗料の系統をどれにするかは、やはり工事に掛けられる予算によるところが大きいです。
ここで注意していただきたいのが、塗膜のもちは建物の構造上のレベルや立地環境に左右されるため、
理論上20年もつとされる金額の高い塗装を施しても、
20年間1度も塗り替えしなくても済むとは一概には言えません。

また、高価な塗料を使用して長期にわたり放置するよりは、
安価な塗料を使用して10年程度の周期で塗り替えたほうが、景観が保てて良いとの意見もあります。

このように人によって、予算であったり、想いであったりで使用する塗料を選択する必要がございます。

筑波塗装では、お客様との話し合いの結果、ご納得いただけるかたちで施工を行います。
どんなことでも構いません、塗装に関するご相談がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

屋根塗装について

屋根は直接雨・雪・紫外線などの自然影響を受けるために、外壁よりも消耗の厳しい部位となります。
そのため、塗り替えにあたっては、外壁以上にグレードを重視して塗料を選ぶ必要があるでしょう。

そうしたことから、屋根塗料ではアクリル系樹脂塗料はほとんど使われることがなくなり、主流はウレタン樹脂塗料かシリコン樹脂塗料です。
(勿論、その上のグレードにあたるフッ素樹脂塗料もおすすめです)
また近年では遮熱塗料、断熱塗料などの付加価値がついた塗料も人気です。

屋根塗装について

塗装に関することなら何でも
お気軽にご相談ください!

TEL / FAX:03-6383-1849

代表(直接)090-4715-9458

メールでのお問い合わせはこちら